地震に強い防煙垂壁パラスモークS

防煙垂壁『パラスモークS』とは?

防煙垂壁とは建築基準法施工例 第126条の2に定められている、防煙区域に用いられる間仕切り壁で、火災時において発生する煙を誘導・遮断する排煙設備の1つです。
現状は板ガラス製品が主流となっている建材なのですが、地震発生の際はガラスの破損、落下による人体及び設備に対して大きな被害を与える危険性があります。
その問題点を解決する為に当社では、透明で且つ軽量で割れず、飛散しない、板ガラス代替材料《不燃シート》(不燃認定取得済)を用いた防煙垂壁『パラスモークS』の販売を開始しました。
事務所、工場、商業施設などに、より安全性の高い防煙垂壁をご提供します。

『パラスモークS』8つの特徴

1.不燃

特殊繊維を使用した不燃材で災害時も優れた耐久性を発揮し安全です。シートなので割れることもありません。

2.透光

シートは透明性のもので、視界の妨げになりにくいです。

3.軽量

パラスモークSの重量はたったの950g。同じ大きさの板ガラスと比較した場合、重量はわずか1/14程度になります。

4.施工性

軽量で持ち運びも楽で施工が簡単。天井の補強・修理工事も必要なく、既存垂壁枠及び天井さえあれば後付けします。

5.安全性

地震発生時、従来の板ガラス製は破損して二次災害を招くケースが多かったのですが、パラスモークSは透明不燃シートなので破損せず二次災害を防ぎます。

6.柔軟性

シート独自の特性で地震による変位にも破損することなく対応します。

7.オーダーメイド

オーダーメイドですので、天井の形や設備・配管の位置にも対応させて頂きます。

8.エコ

特殊繊維の透明不燃シートを使用していますので、万一落下しても商品・設備・データを破損する恐れがなく、資源が無駄になりません。

タイプ

パラスモークS パネルタイプ
  • ■重量は板ガラス製品の1/10以下
    • H500xW1500のサイズで950g(同条件で板ガラスは13.0㎏)
    • テンションタイプと同じく軽量の為、落下やガラス飛散に心配が無く安全・安心
  • ■現場でのサイズ加工が可能  ※工期遅れのリスクが軽減
    • 納期面で材料の安定供給が可能
    • 板ガラス製品と変わらない加工性
    • 様々な職種の職人が施工可能
  • ■全光線透過率90.3%以上の高い透明性
  • ■販売実績
    • 商業施設を中心に新築・取替工事で200,000M以上の販売実績が御座います。
パラスモークS テンションタイプ
  • ■横揺れに対して免振設計商品
    • 端部器具内のバネで横揺れを吸収
  • ■シワ対策
    • 端部器具内のボルトで簡単調整
  • ■意匠性の向上
    • フレームレスタイプの為スッキリとした仕上がり
  • ■全光線透過率90.3%以上の高い透明性
  • ■重量は1Mで約300g
     板ガラス製品の1/30以下(板ガラスは1Mで約10㎏)
    • 軽量の為、落下やガラス飛散の心配が無く、安全・安心
  • ■コストメリット
    • ガラス製防煙垂壁並の低価格を実現

仕様

仕様

寸法図

寸法図1

寸法図2

『パラスモークS』の取扱い注意

  • 鋭利な金属等を当てたり、強い衝撃を与えると破損します。
  • 硬いもので摩擦すると表面が傷つきやすい性質があります。
  • 折り曲げると破損します。
  • 汚れが付着した場合は、マジッククロスでふいて下さい。
  • 廃棄は、廃棄物処理法、都道府県条例に従って処理していただくか、許可を受けた産業廃棄物処理業者に処理を委託してください。
  • 気温が極度の寒暖差を生じた折、僅かにフィルムに「たるみ」「皺」が発生する場合がございます。補正機能は備えております。
  • 空調の吹き出し口付近に設置すると、空気がフィルムに当たり微かな騒音が出る場合がございます。本体に支障はございません。
  • パネル本体は四角形が基本となります。変形の個所が有る場合は相談ください。